FC2ブログ

HAPPY SIMPLE LIFE♪

夫婦2人暮らし。アラフィフ、子なしの専業主婦です。

好きな言葉は「誠実」

Posted by puketthiwine on   6 

昨日もまた、朝から義母のお見舞いに行ってきました。
お昼すぎに義姉と合流、バトンタッチしてすぐ帰ろうと思ったけど、
少々帰りづらくて、ついつい15時過ぎまで病室にいました。
義母がリハビリで、席をはずしている間とかトイレに行っている間とか、
義姉と2人でいろんな話をすることができました。

今まで義姉とは、そんなに親密におしゃべりする機会もなかったので、
今回、そんな機会が与えられたことにありがたみを感じ、
貴重な時間だなーと思っています。

義姉とは、年齢が1周り離れているので、同年代の友人たちとの会話とは
違った角度からお話が聞けるので、いろいろと勉強になるし、
楽しかったりしますね。

私が義母の看病?を苦痛に感じることもなく、すんなり前向きにできるのは、
夫のことが大切だから。
その母親だから、大事にできるというのもあります。

夫は、とにかく私のことをすごく大切にしてくれます。
もちろん、人の悪口なんて絶対に言わないし、愚痴もほとんどこぼしません。
(但し、中日ドラゴンズが試合に負けた時だけは、
ボロクソ言うときありますけど(笑))

結婚前より結婚後の方が、夫のことをより好きになりました。
私は、不誠実な人間が1番大嫌いなんですけど、
夫は、約束は絶対守るし、嘘はつかないし、言うことは聞いてくれるし、
私にとって本当にデキた相手です。
この人と結婚できてよかったと心底思える。

何よりも誠実で思いやりがあって、優しい性格の持ち主で、
夫の両親が他人の前でも自分の子を褒めるくらいだから。

夫に愛されている実感があるからこそ、私も夫に尽くせるし、
同じように愛することができると思いますね。(のろけてすみません!)

夫婦って、やっぱり信頼関係が大事だと思います。
本当は100%夫のことを信じています、と書きたいところですが、
正直99%くらいかな。

45歳を過ぎてから、人生って長いようで本当は短いものなんじゃないかって、
思うようになりました。
この世にオギャー!と産み落とされた以上、
どの人も、この先どんなに苦しいことや辛いことがあっても、
命が最期に絶えるまで、途中でリタイアすることはできない。
人生という敷かれた1本のレールの上を死ぬまで生き続けなければなりません。
終わりは自分では決められないのですから。(自殺する人は別ですけど)

いつかは絶える、この命。
ならば、少しでも楽しいことをして生きたいと思うようになりました。
私は、自分でいうのもなんですが、小さいころからバカ正直者で、
嘘がつけない性格でした。
ごまかしやインチキが大嫌い!
人より正義感が強かったかもしれません。

今、最も当てはまると思う私なりの信念・モットーはというと、
①「他人に認められるではなく、自分に正直、他人に誠実であること」と、
②「他人の喜びを我が喜びとせよ。」
でしょうか。

②は、独身時代、勤めていた会社の社是でした。
当時は、まだ私自身が未熟で、その思いに正直共感することができなかったのですが、
今は心底、その意味を理解することができるようになったかなと思います。
20代と40代では、経験の違い、やはり心の成長が違いますよね。

今が46年間の人生の中で、最も充実した幸せな時間が過ごせている時だと
思います。

反対に、辛かった時期はもちろんありました。

*流産して、子供を授かれなかったこと。
*精神病にかかってしまったこと。
*母を亡くしたこと。
大きくいうと、そんなところですね。

子供を授かれなかったことは、本当に苦しかった。
当時、30代半ば頃で、流産、伯母(母の姉)の突然死、実母の乳がん発覚、
その直後に、私は精神病になりました。

精神病になってからもすごく辛かった。
入院も何回もしてしまったので、夫には大変な迷惑をかけました。

でも、そんな経験をふまえてきたからこそ、
今の私の価値観、経験値ができあがって、
現在与えられた環境に、心から感謝ができるのだと思います。

1日1日大切に生きて、これからも自分に正直に、誠実に。
自分自身もっと魅力ある人間になれるように努力し、
命が絶えるその瞬間、我が人生は幸せな人生だったと思えるよう、
できれば後悔のないように、毎日楽しく!明日からまたがんばって、
命が絶えるその日まで生きていこうと思います。





スポンサーサイト



puketthiwine

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

6 Comments

チョコレーゼ says...""
素晴らしいご主人様ですね~♪
結婚してからますます好きになったってところ、解ります~!
プケッティさんご夫婦は素敵なご夫婦だと思います♡
私も山あり断崖絶壁の谷があったり、天国や地獄も見て
同じ様に心の病にかかったこともあります。
人って色々な経験をすればするほど人の痛みやありがたみが
身に染みて解るようになりますよね。
だからこそ感謝もできるのだなって思います。
私も今は、感謝することの大切さを想っています。
2018.06.02 00:33 | URL | #- [edit]
puketthiwine says..."チョコレーゼさんへ"
ありがとうございます~!
私にはほんと、もったいない人ですね。

未熟者が生意気言ってすみません!
チョコレーゼさんもそれはもう、いろいろと人生山あり谷ありあったかと思いますが、
えー!心の病気にかかられたんですか!?
そうでしたかー・・・。
今はもう大丈夫なんでしょうか?

年を重ねた自分の方が若いころよりも全然好きです。
毎日がとにかく楽しい。
本当に、与えられた環境に感謝、感謝です!!

2018.06.02 00:46 | URL | #- [edit]
ふうこ♪ says...""
こんにちは。毎日付き添い大変ですね・・・

でもpuketthiwineさんの誠実なお人柄や、見返りを求めない優しい性格もずっと感じていましたよ。

今回のことで義姉さんとも距離が縮まり、親密になれたことはよかったことだと思います。これから長いお付き合いですからね。。。。

本当にご主人を愛し愛され、お幸せな毎日を過ごされてるなあ・・っていつも思ってブログ拝見しています。なかなかそんな風には思えないものですけど・・・(^_^;)

私も旦那の事大好きで結婚しましたが、子供が生まれてからは子育てに夢中であまり旦那との時間もなく、だんだんと自分の時間がほしいと思うようになっていきました。。。そして、今2人の子どもが手を離れ、自分の時間ができるようになってから、やっと旦那との時間も楽しめるようになりましたね。主にお買いものとか飲みに行ったりとかですけど(^_^;)

でも、やっぱり感謝の気持ちは必要ですよね。心では思っていても私はあまり素直じゃないので気持ちを隠してしまうところがあります・・・態度や言葉で伝えないとわからないこともありますからね。反省。

「他人に認められるではなく、自分に正直、他人に誠実であること」と、
「他人の喜びを我が喜びとせよ。」

素敵ですね・・・でもなかなか実行することは難しいものです。(私には)
puketthiwineさんはホントに正義感が強くて誠実な方なのね。

記事の中にpuketthiwineさんの性格がにじみでていたと思います(*^_^*)

きっと素敵なご主人に愛情たっぷりもらってて満たされているからこそかもしれませんね。これまた羨ましい・・・・^m^


2018.06.02 14:08 | URL | #- [edit]
puketthiwine says..."ふうこ♪さんへ"
こんばんは!
今日は、朝11時に家を出て、夫とまた19時まで病院に行ってましたー。
さきほど夕食を済ませて、帰宅したところです。
病院も通いも今日で5日間連続でした。
正直、めっちゃヘトヘトで電池切れです。
疲れましたぁ。

ほめていただいてありがとうございます。
なんだかこっぱずかしい気もしたけど、のろけ全開で記事書いちゃいました!

自分の生き方として、自分自身に対しても嘘をつかないということだけは、
終始一貫してきたように思います。
夫と結婚してなかったら、こんなに幸せな日々は送れなかっただろうな。
いつまでも夫に愛される、可愛い妻でいたいですね!

ふうこ♪さんもきっと大恋愛の末、旦那様とご縁があって結婚されたのだと思いますが、
お子さんにも恵まれ、ようやく手も離れて、旦那様との2人きりの時間、
これからもめいっぱい楽しんでくださいね!
一緒に飲みに行かれたり、お買い物に行かれたりと仲がよろしいようで何よりです。

実は、夫は先天性の心臓の病気を持っていて、生まれつき心臓に穴があいています。
だから、この人はもしかして早死にするかもしれないって、
結婚当初から頭の片隅にずっと思ってきました。
だからこそ、2人で一緒にいる時間が尊いものに感じてしまうのかもしれません。

女性は、やはり愛される側でいる方が幸せになれる気がします。
私は家事が苦手で、オウチの中をきれいにするのがなかなか難しいのですが、
こんな私でも大事にしてくれる夫と巡り合えたこと。
結婚運だけは人一倍あったかな。

今回「誠実」というキーワードで記事を書きましたが、
文章から性格出てましたか~?

ここだけの話、夫とは私が精神病になってからは、体の関係もなくなって、
レス状態になってしまったので、ぶっちゃけ正直、
体が寂しく感じる時もないことはないですが、時々ギューっとして!とか、
自分からくっつきにいったりとかして、
愛情表現をすることを怠らないようにはしているつもりです。

こんな私を「可愛い」と言ってくれる夫は、貴重な存在ですね。
夫には、いつまでも元気で長生きしてほしいと心から祈ってます。

2018.06.02 20:32 | URL | #- [edit]
ぴっかぴっか☆ says...""
義母のお見舞い、お疲れ様です。
puketthiwineさん頑張りすぎて体調崩さないようにね。
看病は大変ですからね。
私は義両親とは喧嘩ばかりしてきたから
いざ看病になったらpuketthiwineさんのようにできないかもです。
でも、義両親が病気なったら嫁としてできることはしてあげたいとは思ってはいます。

人間、幸せそうにしていても何かしら
辛い経験や問題をかかえてるものです。
そうゆう経験をして人間成長していくのですから、
辛い経験も必要なことで感謝しないといけませんね。
私も山あり谷ありで、涙も幾度と無く流してきました。
まぁー私は落ち込む時はドーンと落ち込みますが根は明るいので、
そのうちによっしゃーと立ち直ります\(*⌒0⌒)
puketthiwineさんは素直で心が綺麗だな~といつもブログを拝見していて思います。
旦那様も優しいし、素敵なご夫婦だと思います。素晴らしいご主人と巡り合えて良かったですね。
うちの旦那とは大違いですぅ。羨ましい限りです。これからもご夫婦仲良くね。
2018.06.02 21:32 | URL | #- [edit]
puketthiwine says..."ぴっかぴっか☆さんへ"
お気遣い、ありがとうございます。
正直、実母が乳がんで亡くなる1ヶ月前に最後の入院した時は、
私はほとんど役に立たなくて、妹がメインで付き添いがんばってくれました。
あの時は、だんだん弱っていく母を見るのが辛くて、
本当に何もできない自分が歯がゆかったけれど、
今回は、義母の病状も思ったより軽くて、病室でも明るく元気でいてくれるので、
私もすっかり安心しています。
もちろん、リハビリはまだ必要ですけどね。

なんだかんだいってもいざとなったら、ぴっかぴっか☆さんも義両親さまのご看病、
しっかりとできると思いますよ~。

今日は、夫も私もグッタリで朝からずーっとゴロゴロしてます。
また月曜日からに備えて、しっかりと体をやすめないと。

やっぱり人間、ツラい経験があってこそ成長できますよね。
ほめていただいてありがとうございます。
私は、ぴっかぴっか☆さんが思っているほど、心が綺麗ではないけれど、
素直は素直かな(笑)。

夫のこともほめてくださってありがとうございます。
素直に感謝し、これからも夫婦仲良く力を合わせてがんばっていきますね!
ぴっかぴっか☆さんの旦那様もお仕事、しっかりがんばってらっしゃって、
素敵だと思いますヨ☆

2018.06.03 10:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。