FC2ブログ

HAPPY SIMPLE LIFE♪

夫婦2人暮らし。アラフィフ、子なしの専業主婦です。

永遠のお別れ

Posted by puketthiwine on   4 

1人暮らしをしていた85歳の義母が1人きりで、
1月13日の夜、あの世へ旅立ちました。
遺体の発見は、宅配のお弁当屋さんで、14日の午前中でした。

火葬場の関係で、15日は1日あいて、16日の昨日がお通夜、
今日が告別式と火葬場、初七日の法要と、
帰り際に義実家に四十九日までの仮の祭壇を作っていただくまで、
滞りなくすべて無事終えて、19時半すぎに夫と2人で自宅に帰ってきました。
(喪主をつとめた夫は、疲れてもう寝てしまいましたが)

義母とのお別れは、悲しかったです。
夫側の親族は、特に義姉家族たちは結束が強いので、
あまり私の入る余地はないのですが、家族葬の形で参列者も少なく、
(夫の会社関係の参列はお断りしてあったため)
町内の仲の良かった方々を中心に義母を見送っていただきました。

義母は、さぞかし幸せな人生・最期だったことと思います。

存命中は、義母には大変良くしていただきました。
いつも優しい笑顔の義母。
出来の悪い嫁だったけど、いびられたりしたことは一度もありません。
最期は、立つのもおぼつかないくらいになってしまいましたが、
最期の最後まで一生懸命がんばって生きたと思います。

義母が亡くなって、さみしくなります。
夫は意外と平然を装っていますが、
喪主のあいさつは、とても立派でした。
この人の奥さんにさせてもらってよかった。
義母が夫のお母さんでよかった。

自分の母の時を思い出しましたが、
もっとあーしてあげればよかったと思うことが多すぎました。
義母と比べる必要はないけど、義姉がパワフルな人なので、
私の気づかないことをいっぱいしてあげてた。
そういう意味では、うらやましく思いました。

夫が斎場に泊まった時は、私は1人タクシーでマンションへ帰ってきて、
次の日また1人でタクシーで斎場に行ったりして
結局4回タクシーを使いました。

太りすぎて礼服を買い直し、これを機に頑張ってダイエットを頑張りたいと思います!!




スポンサーサイト



puketthiwine

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

4 Comments

うにトラ says..."No title"
こんばんは
突然の事で大変でしたね。お悔やみ申し上げます。
男の人は悲しみを前面に出せない分辛いし、息子にとって母親の存在はとても大きい気がするのでご主人が体調崩さないように見守られて下さいね。
2019.01.18 23:21 | URL | #- [edit]
puketthiwine says..."うにトラさんへ"
こんばんは。
返信遅くなってごめんなさい。
お悔やみのお言葉、ありがとうございます。
確かに、年が明けてからずっと調子が悪そうでしたが、
まさか亡くなるまで悪くなっていたとは思いもしませんでした。

夫のことまで気遣っていただいてありがとうございます。
今日までお仕事お休みなので、引き続きゆっくり休養させたいと思います。

追伸 うにトラさんのお母様の時、お悔やみ申し上げられなくてごめんなさいね。
いつも読み逃げばかりですみません。

2019.01.20 14:57 | URL | #- [edit]
ふうこ♪ says..."No title"
本当に急なことで大変でしたね。
男の人は態度にこそ出しませんが、母親に対する気持ちというのはいかばかりかと想像します。
きっと、辛かったでしょうし、これからもふとした時に悲しみは襲って来るでしょうし、まだまだやることもたくさんあるでしょうし……
やっと落ち着いた頃に体調崩したりしがちなのでできるだけフォローしてあげてくださいね。
お母様に対する恩返しはご主人にすればきっとお母様も喜んで下さると思いますよ!!
ひとまずお疲れが出る頃と思いますのでご自愛くださいね!
2019.01.23 00:11 | URL | #- [edit]
puketthiwine says..."ふうこ♪さんへ"
父親よりも母親を亡くした時の方が、夫は辛かったと思います。
休み明けの月曜日は、お仕事どころではなくて、いただいた弔電のお礼で
いっぱいいっぱいだったって言ってました。
香典も弔電もお断りしたのにって言ってたのに、会社の方からたくさんいただいていたようです。
ありがたいことですけどね。

香典返しは、斎場でその場で返してしまう方式だったので、
後が楽でした。

正直、自分の母の時と同じくらい悲しくて、しばらくは家から出る気がしなくて、
ブログも更新する気がおきなかったです。
お気遣いのお言葉、ありがとうございます。
少しずつ元気を出して、夫を支えていきますね。

2019.01.23 07:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。